Ubiqプラットフォーム

まずはじめにプラットフォームの定義についておさらいしてみましょう。


Platform, noun

plat·​form | \ ˈplat-ˌfȯrm \

プラットフォームの定義:プラットフォームとは、他のアプリケーション、 プロセス、またはテクノロジーが開発される基盤として使用されるテクノロジーのグループです。

私たちはお客様の様々なセキュリティ課題を解決するソフトウェア プラットフォームを設計しました。

盗まれたデータの無形化

データ・ファースト・セキュリティを実現できます

AMT + EDS = Ubiq

Asynchronous Multithreading Technique (AMT)

私たちのコアテクノロジーは特許取得済みのAsynchronous Multithreading Technique(非同期マルチスレッド技術)略してAMTを使ったものです。

AMTが提供する根本的なブレークスルーは、システムで利用可能な コンピューティングを活用して、複数の非同期機能を同時に実行する機能であり、ごく小さなデバイスでもCPUパフォーマンスに悪影響を与えることはありません。

そんな事は不可能だと思うかもしれません。しかし私たちはそれを実現可能にしました。

 

Elemental Data Security (EDS)

AMTに加えて、盗まれたデータを悪意のある第三者に役に立たないように 設計されたElemental Data Security(エレメンタルデータセキュリティ)と呼ばれる特許取得済みのセキュリティモデルを開発しました。 私たちのアプローチはデータから始まります、非常にユニークだと思います。 

データを分割
1: データを分割
データを多くのフラグメントに分割します。
データを非関連付け
2: データを非関連付け
なんのデータか秘匿化します。
データの暗号化
3: データの暗号化
各フラグメントをAES-256ビット(デフォルト)暗号化キーで暗号化します。
データの分散
4: データの分散
暗号化されたフラグメントを、オンプレミス、クラウド、またはハイブリッドの1つまたは多数の場所に分散します。

この動作は、大きな遅延やCPUに影響を与えずに、いかなる種類のデータ、ストレージに対しても実行可能です。

そして、Ubiqプラットフォームが誕生しました…

高速に、透過的に、影響を与えることなく、あらゆる種類のデータを、あらゆるデバイスで、あらゆる場所で保護します。

AMTとEDSモデルを組み合わせ、API、ライブラリ、およびドキュメント をご用意しました。 これは、「他のアプリケーション、プロセス、またはテクノロジーのベースとして」Ubiqを様々な環境で利用可能になった事を意味します。

Ubiqプラットフォームは盗まれたデータを透過的に役に立たなくするように設計された最初のデータ・ファースト・セキュリティプラットフォームです。

誰が我々を必要としますか?

お客様をハッピーに

セキュリティ担当者
セキュリティ担当者

「会社のデータを保護、コンプライアンスを維持し、顧客のプライバシーを守る必要があります!」

情報システム部
情報システム部

「構築するデバイスまたはアプリケーションのデータを保護する必要があります!」

アプリケーションエンジニア
アプリケーションエンジニア

「設計するアプリケーション内のデータ保護の必要があります!」

私たちができる事…

盗まれたデータを無形化します。

保管中および転送中のあらゆるタイプのデータを保護します。

あらゆるタイプのストレージまたはデバイス上のデータを保護します。

お客様に提供するユーザーエクスペリエンス…

超低遅延およびパフォーマンスへの影響がほとんど無い。

エンドユーザー(デバイスまたは個人)はストレスフリーに

導入、構築、操作が可能です。

お客様が必要なものはなんですか?

私たちは、データの保管場所に関係なく保護が可能です。

アプリケーション、デバイス内のデータ保護

IoT機器などの小さなデバイス、または構造化されたデータベースですか?私たちのソフトウェア開発キットが最適かもしれません。

Learn more about SDK
既存の「デバイス」上のデータを保護する

サーバー、クラウド、非構造化データベース、ラップトップのようなものですか? 私たちのソフトウェアアプリケーションが最適かもしれません。

Learn more about Trusted File Manager

1つのベンダー、1つのプラットフォームで 大きな問題が解決できます。

課題を解決する準備はできていますか?

あなたが探しているものを教えてください。我々のテクノロジーで解決することができるかも知れません。

お問合せはこちら